×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


民話と伝説の島

第3回:大男の足あと

イラスト

 昔むかし、岩城島に大男が住んでおりました。毎日沖を見て暮らしていましたが、津波島の松原の景色が気に入り移り住もうと思い立ちました。しかし良く見れば、松原には松ばかりで良い格好の石がありません。そこで大きな石を抱えて「よいしょ」と一足で渡ろうとしたのですが。が、メリメリと股が裂け死んでしまったのでした。

 石が落ちてできたくぼみが「石が坪」、石がはねた場所が「刎石」と呼ばれ、また大男の足あとも残っているのです。



<第2回:えんこ(カッパ)の話>


岩城村HOMEへ